スポンサードリンク

頼まれ仲人

最近仲人をお願いする人が少なくなりましたが、お願いしても、昔のように相談役までやってもらう仲人ではなく、あくまで形式的に仲人になってもらう場合が多いようです。本来、仲人とは婚約から結婚、結婚したあとも夫婦の相談役として、相談や世話をしていただける方です。頼まれ仲人というのもあるようです。その場合の仲人の挨拶というのは話す内容も困りますから挨拶は簡単な祝福の言葉程度で省略するというのでも良いかもしれませんね。
仲人は、結納の進行役をつとめたり、結婚準備中はお金の話など両家が直接話しにくいことを間に入ってまとめたり結納の進行役をつとめたりします。 結婚式当日は挙式に立ち会い、仲人婦人は花嫁のそばに付いて、介添えをします。披露宴の招待客には仲人から新郎新婦の生い立ちや経歴が紹介されます。結婚後は人生の先輩として、若いふたりの力になってくれる存在です。勤め先の上司や恩師といった、新郎新婦が日頃からお世話になっている年輩のご夫婦にお願いするのが一般的です。お見合い結婚の場合は、ふたりを引き合わせた人がつとめることが多いようです。
頼まれ仲人の場合一般的な仲人の役割と仕事の内容は違うことも多いです。
お願いした仲人さんが社会的に地位が高かったり多忙であったりする場合は、結納式だけの仲人を頼んでもよいとされています。続きを読む

仲人挨拶の仕方

本来、仲人とは婚約から結婚、結婚したあとも夫婦の相談役として、相談や世話をしていただける方です。現代は仲人をお願いするにしろ昔のように相談役までやってもらう仲人ではなく、あくまで形式的に仲人になってもらう場合が多いようです。仲人の挨拶としてはいくら形式的に選ばれた場合でもきちんと挨拶したいものですよね。
結婚準備中はお金の話など両家が直接話しにくいことを間に入ってまとめたり、結納の進行役をつとめたりします。 結婚式当日は挙式に立ち会い、仲人婦人は花嫁のそばに付いて、介添えをします。披露宴の招待客には仲人から新郎新婦の生い立ちや経歴が紹介されます。結婚後は人生の先輩として、若いふたりの力になってくれる存在です。勤め先の上司や恩師といった、新郎新婦が日頃からお世話になっている年輩のご夫婦にお願いするのが一般的です。仲人の挨拶の際にも自分の結婚生活を例えながらぜひ結婚する二人のためになる挨拶をしたいものです。
一般的な挨拶も良いですが最近の若い方はお笑いブームの影響もあるので普段からTVなどで面白いネタを探しておくのもよいかもしれません。
結納などの儀式が簡略化されつつある影響か、「形だけの仲人さんなら頼まなくてもいい」と仲人をたてない結婚式もあるようです。続きを読む

形式的に仲人

現代は仲人をお願いするにしろ昔のように相談役までやってもらう仲人ではなく、あくまで形式的に仲人になってもらう場合が多いようです。本来、仲人とは婚約から結婚、結婚したあとも夫婦の相談役として、相談や世話をしていただける方です。こうなってくると仲人の挨拶も少しだけで良いかもしれません。
結婚準備中はお金の話など両家が直接話しにくいことを間に入ってまとめたり、結納の進行役をつとめたりします。 結婚式当日は挙式に立ち会い、仲人婦人は花嫁のそばに付いて、介添えをします。披露宴の招待客には仲人から新郎新婦の生い立ちや経歴が紹介されます。結婚後は人生の先輩として、若いふたりの力になってくれる存在です。勤め先の上司や恩師といった、新郎新婦が日頃からお世話になっている年輩のご夫婦にお願いするのが一般的です。お見合い結婚の場合は、ふたりを引き合わせた人がつとめることが多いようです。仲人の挨拶を頼まれた場合は二人のことを知っていれば話しやすいですよね。
結納だけの仲人への謝礼は一般的には結納金の1割程度と言われていますが、お互いの間柄により考えて決めます。車代は実費の1.5〜2倍くらいが目安です。祝い膳をやめる場合は、お礼とは別に両家で酒肴料3〜5万円程度を包みます。
続きを読む

仲人へのお礼

結婚を決める際に、仲人を誰にお願いするか悩みます。仲人とは、結婚したあとも夫婦の相談役として、相談や世話をしていただける方です。現代は仲人をお願いする人が少なく仲人なしの略式の結納、結婚式が増えているようです。お願いしても昔のように相談役までやってもらう仲人ではなく、あくまで形式的に仲人になってもらう場合が多いようです。
仲人は、結婚式当日は挙式に立ち会い、仲人婦人は花嫁のそばに付いて、介添えをします。披露宴の招待客には仲人から新郎新婦の生い立ちや経歴が紹介されます。結婚後は人生の先輩として、若いふたりの力になってくれる存在です。又、結婚準備中はお金の話など両家が直接話しにくいことを間に入ってまとめたり、結納の進行役をつとめたりします。仲人は、勤め先の上司や恩師といった、新郎新婦が日頃からお世話になっている年輩のご夫婦にお願いするのが一般的です。お見合い結婚の場合は、ふたりを引き合わせた人がつとめることが多いようです。
結納だけの仲人への謝礼は一般的には結納金の1割程度と言われていますが、お互いの間柄により考えて決めます。車代は実費の1.5〜2倍くらいが目安です。祝い膳をやめる場合は、お礼とは別に両家で酒肴料3〜5万円程度を包みます。
結納などの儀式が簡略化されつつある影響か、「形だけの仲人さんなら頼まなくてもいい」と仲人をたてない結婚式もあるようです。又、結婚式当日だけ仕事をお願いする「頼まれ仲人」も増えています。続きを読む
スポンサードリンク